白馬ゲンゴロウ??

2017.08.04 Friday 20:24
0

     8月1日、白馬大雪渓を登り、頂上宿舎でテントは泊、8月2日白馬岳を登り白馬大池でテント泊。ハクサンイチゲやチングルマが咲き乱れる地上の楽園?だ。雪渓から流れ出す白馬大池の水はあくまで澄んでいる、まさか魚はいないよなっと池を眺めていると。

     

    何かいる、次々水面で呼吸する生物、ゲンゴロウだ。夜叉ヶ池のヤシャゲンゴロウは絶滅危惧種とゆうことで厳重に管理されている。ここ白馬大池では普通の生物なのか?、池で足も浸けれるし、飲み水にも使用されている。勝手称「ハクバゲンゴロウ」はここ大池で自由に生きることが出来るのか???

     

    このきれいな池を山荘とゲンゴロウが共生出来る事を祈るばかりだ・・・・

    category:- | by:よし庵comments(0) | -
    Comment








       

    Calender
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    よし庵 小学生の頃
    うさぎ年生まれのジジイですわ。20歳の頃から北海道、東北などいわゆるカニ族でのんびり歩く。これが今の山中毒の原点で、60歳を軽くオーバーした今もアウトドアにはまっています。さていつまで続くやら・・・・・ 
    愛車は三菱デリカD5,雪道山道を強力に走ります。車中泊仕立で何時も寝袋を積んで、いつでも遠くの山へ出かけられます。
    Selected entry
    Archives
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM